ソフト

作品紹介

1998年 テミドール 200×200
えびの彫刻


1998年 シンクロナイズ H90
シンクロナイズの彫刻
古典的な彫刻技法の伝統や法則にこだわらず、「自由な発想、技法」を試みる内平の作品は、色や肌合いの異なるさまざまな種類の木々を用いた 寄木や象嵌の技術が、自由に組み合わされる。古典的であるよりはむしろマンガ風の造型感覚と共に,「現代世界や女性の魅力の表現」が求められている。

                  月刊アトリエ NO.748

楽器を演奏する少女の彫刻
1991年 MUSIC STATION H180〜120

womanの彫刻
1992〜1999年 WOMANシリーズ

2001年〜 WOMAN 21シリーズ
    私達は,現代に生きている。
    現代にはいろいろな人がいる。
    男とは別に女がいる。
    その中にもいろいろな女性がいる。
    今,共に生きる現代女性を,木という素材で、
    時には色っぽく,時にはユーモラスに表現したい。
                     内平俊浩

メールアイコン
t-uchihira@yanagida.ne.jp
トップアイコン
トップ


ソフト