奥能登クリーンセンター 





                                              
ごみの分別直接搬入についてリサイクルフェアサイトマップ
                 
  
    
 石川県北部の
ごみ処理計画
 奥能登クリーン組合の
ごみ処理計画
施設概要  処理対象ごみ  組合の概要 建設事業経過 
   
    【石川県北部のごみ処理広域計画】       
       我が国における廃棄物処理制度は、生活環境の保全(衛生面)が主目的でした。廃棄物の大量発生が問題になった現在では廃棄物の発生抑制はもとより、循環的な利用・適正処理までの物質の流れ全体を見据えた施策を推進し、資源循環型社会を構築することが重要となっています。平成12年には「循環型社会形成推進基本法」が制定され、この中で廃棄物処理の優先順位を
①排出抑制
②製品・部品としての再使用
③原材料としての再生利用
④熱回収
⑤適正処理
と定めています。

石川県では、平成9年に能登地区に点在する中小の自治体廃棄物処理の効率化・適正処理を目的としてごみ処理広域計画(RDF化構想)を策定いたしました。この計画は河北郡市以北の能登地区(当時24市町村。現在は市町村合併により12市町)を対象として、現在の廃棄物処理エリアを越えて、5つの広域処理ブロックに取りまとめ、各ブロックごとに「ごみ固形燃料化施設」を建設・稼働させ、運搬等取扱いが容易となるごみ固形燃料(RDF)を製造することとするものです。

 また、製造されたRDFは12市町村によって構成される「石川北部アール・ディ・エフ広域処理組合」が建設・運営を行っている「石川北部RDFセンター」に一括搬入・処理されています。「石川北部RDFセンター」では、RDF焼却時に発生する熱エネルギーを利用した発電や、焼却融解した後の焼却灰の再利用など資源の再利用に取り組んでいます。
 
   
    ページのTOPへ     
    【奥能登クリーン組合のごみ処理計画】         
        石川県のごみ処理計画により、平成12年4月1日に珠洲市、能登町(当時は内浦町、能登町、柳田村)を構成市町村とする一部事務組合「奥能登クリーン組合」が発足しました。構成市町村におけるごみ処理施設は、珠洲市においては平成11年11月に老朽化により廃止され、また旧能都町・旧柳田村のごみ処理を行う能登三郷清掃センターも稼働開始後20数年経過ということで老朽化が顕著でありました。
こういった状況の中、平成11年に策定された「ダイオキシン類対策特別措置法」が平成14年12月から規制強化されることなどから、石川県のごみ処理広域計画にあわせ奥能登クリーン組合として構成市町村の可燃性廃棄物を一括処理する「ごみ固形燃料化施設」を建設することとなりました。なお、旧内浦町のごみ焼却施設については、平成9年に稼働開始したことから平成20年まで継続稼働しておりましたが、平成21年度より当施設へ搬入を開始しました。
また、循環型社会構築の必要性から、「資源ごみ」を一括処理するリサイクルプラザについてもあわせて整備することになり、平成13年度から「奥能登クリーンセンター」建設が開始、平成15年3月には完成・稼働を行っています。
 ふるさとの豊かな自然とその恵みを絶やすことの無いよう、今後は施設の有効利用と適正・安定運営に努めてまいります。
 
   
             ページのTOPへ     
    【施設概要】     
   
 施 設 名  奥能登クリーンセンター
        (管理棟・ごみ固形燃料化施設・リサイクルプラザ)
 所 在 地  石川県鳳珠郡能登町字上町タ字7番地 
 敷地面積  約30,350㎡
   
                   
    【処理対象ごみ     
   
 分別種類
 ①一般可燃ごみ(その他プラ含む)  ②布・繊維・ひも類・ビデオ(カセット)テープ
  靴類
 ③缶類(スチール・アルミ)  ④ペットボトル 
 ⑤びん(透明、茶、その他)  ⑥紙(ダンボール、新聞紙、紙パック、その他)
 ⑦粗大・不燃ごみ  ⑧有害ごみ 
 受入について 
      毎週月曜日~土曜日(祝日もご利用できます)
    午前8時30分~16時30分まで
    直接搬入ごみは有料
直接搬入については事前申込が必要)
   
             ページのTOPへ     
    【組合の概要】       
                 
     1.名   称 奥能登クリーン組合       
     2.住   所  石川県鳳珠郡能登町字上町タ字7番地       
     3.構 成 市 町 珠洲市、能登町
 (旧能都町、旧内浦町、旧柳田村が平成17年3月1日に合併)
   
     4.設立年月日 平成12年4月1日     
     5.組 合 役 員 組 合 長  泉谷 満寿裕 (珠洲市長)    
    (R3.4.10現在) 副組合長   大森 凡世  (能登町長)    
     6.組 合 議 会 議員定数12人      
    (R3.3.17現在) 議長 市濱 等  (能登町議会選出)    
      副議長 上野 良夫 (珠洲市議会選出)    
        河田 信彰 (能登町議会選出)    
        金七 祐太郎(能登町議会選出)    
        三盃 三千三(珠洲市議会選出)    
             馬場 等  (能登町議会選出)     
        向山 忠秀 (珠洲市議会選出)    
           中板 秀一郎(珠洲市議会選出)     
          森井 洋光 (珠洲市議会選出)     
           酒元 法子 (能登町議会選出)     
             小路 政敏 (能登町議会選出)    
        小泊 辰男 (珠洲市議会選出)    
     7.監 査 委 員    鍛治 武司 (識見を有する委員)    
      中板 秀一郎(議員の中から選任する委員)    
        ページのTOPへ      
    【建設事業経過】     
              
     平成12年  ・ 奥能登クリーン組合設立準備室設置        
       ・ 奥能登クリーン組合設立     
       ・ 平成12年第1回奥能登クリーン組合議会開催(組織会)     
       ・ 設備計画書作成に係る見積設計図書作成業務委託     
       ・ 奥能登クリーン組合議会運営委員会設置        
     平成13年  ・ 廃棄物循環型社会基盤施設整備計画書提出     
       ・ 調整池建設工事入札(施設建設工事開始)     
       ・ 平成13年度廃棄物処理施設整備費国庫補助金の内示     
       ・ 施設建設用地取得完了     
       ・ 敷地造成工事(その1)入札      
       ・ 奥能登ごみリサイクルセンター(仮称)ごみ固形燃料化施設、リサイクルプラザ施設の
  制限付き一般競争入札公告(性能発注)
 
   
       ・ 入札執行
  ごみ固形燃料化施設:新潟鉄工・真柄・鼎特定建設共同企業体落札
 
   
         リサイクルプラザ施設:新明和・林組・谷口特定建設企業体落札     
       ・ ごみ固形燃料化施設、リサイクルプラザ施設建設工事の契約締結議決     
       ・ 環境保全協定締結(柳田村中ノ又地区、組合、柳田村)     
       ・ 施設建設に伴う建築確認申請書提出     
       ・ 起工式開催  
 ・ 新潟鉄工所会社更生法申立 
   
     平成14年  ・ 奥能登ごみリサイクルセンター(仮称)管理棟建設工事の公募型指名競争入札公告     
       ・ 新潟鉄工所と日立造船営業壌渡契約締結      
       ・ ごみ固形燃料化施設建設工事の変更契約締結      
       ・ 管理棟建設工事入札執行 建設工事:宮地組     
       ・ ごみ固形燃料化施設の長期責任委託に係る一般競争入札公告      
       ・ 長期責任委託(施設運営業務)一般競争入札公告
  日立造船落札
 
   
       ・ 一般可燃ごみ(能登三郷分)のごみ固形燃料化施設 受入開始      
       ・ ごみ固形燃料化施設及びリサイクルプラザ施設運転稼働開始     
       ・ 起動式     
     平成15年  ・ ごみ固形燃料化施設、リサイクルプラザ施設建設工事完成     
       ・ 竣工引渡検査     
       ・ 奥能登クリーンセンター落成式      
           
       ページのTOPへ     
         
   奥能登クリーン組合
          〒928-0312   石川県鳳珠郡能登町字上町タ字7番地
 TEL  0768-62-8222
 FAX  0768-62-8223
   okunotoclean@ca3.luckynet.jp